2017さようなら原発 三重パレード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集会・パレードにたくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。

毎日、中日、朝日、の三紙に記事が掲載されました。
毎日
http://mainichi.jp/articles/20160307/ddl/k24/040/076000c
中日
http://news.goo.ne.jp/article/chuplus/region/chuplus-CK2016030702000014.html
朝日
http://www.asahi.com/articles/ASJ3644QBJ36ONFB001.html

 予報では3時頃から雨でしたが、パレード終了まで降ることはありませんでした。みなさまの日ごろの心がけが天に通じたものと感謝。また、トラブルもなく終えることができ、実行委員会もホッとしております。
 メイン会場にはいくつもテントが雨・風対策も万全に張られ、希望の牧場グッズ、美杉に避難・農場経営されている村上さんコーナーや避難されている方々を支援するコーナー、こいしろの里による焼き芋など食品・手作り品コーナー、チェル大テントでは書籍、衣類、小物など多彩な物品が販売されました。
 集会は、木村弁護士さんの司会で、オープニングのエイサー・合唱、ゲストでお迎えした弁護士の馬場さんは具体例をいくつも挙げて、黒田さんは電力会社と契約しない家に住んだ実感を語られ、SEALDs TOKAIの岡さんからは明るく新鮮切り口でアピールが、そして福島からの吉沢さんはベコトラ号の屋根から熱トーク。伊勢市長様、フォーラム様からのメッセージ紹介、十数名の方々による見事な1分間リレートーク。カンパ隊による希望の牧場支援会場カンパ総額は17万円にも。集会アピール採択、パレード諸注意、コール練習、と当初予定より少し長くなりましたが熱の入った集会となりました。
 パレードでは、横断幕を先頭に、ベコトラ号と吉沢さん、市民の皆さん、市民団体・グループの皆さん、各種団体の皆さん、労働団体の皆さん、政党関係の皆さんの順に、隊列を三つに分け、それぞれに宣伝カーとコール指導者を、道の狭いところではハンドマイク隊を配置し、交通整理隊もばっちりで、津の町に大きなコールの声が波打ちました。
 パレード解散場所のセンターパレス地下では、さようなら原発市民作品展を開催。絵画、書、俳句、陶芸、写真、工芸、イラストなど多くの方々による力作が展示されました。また、お休み処では温かいお茶とお菓子が、臨時特設コーナーではカミシバラー・ミキさんの紙芝居が生で楽しめました。
 写真、ビデオ、ネット動画も撮影スタッフにより記録されました。

 ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。
朝早くから準備作業に当られた方々、撤収作業に残られた方々、また各種スタッフの方々、ご努力に感謝いたします。
 年々、多彩で、熱を帯びて来ている、さようなら原発三重パレード。
近く本年のまとめの会を開き(日時未定)、良かった点、改めるべき点を明らかにし、
来年は、新しい実行委員会メンバーで、新しい企画で開催される予定です。
 どうぞご期待下さい。                        
                    本年度実行委員会から まとめ役 若原が記述しました。  




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。