2017さようなら原発 三重パレード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORLD PEACE NOW in みえ 様へのメッセージ

三重パレードにメッセージをいただいたフォーラム平和・三重さんが、
3月19日(土)に、同じお城西公園でWORLD PEACE NOW in みえを
開催されるのに、本日こちらからメッセージを送りました。

12:00オープン
12:30沖縄民謡コンサート
13:30みんなで平和をつくろう!集会
14:00パレード
という日程です。
ファーストフードバザー、熊野のサンマやめはり寿司など販売もあり。


連帯のメッセージ

 WORLD PEACE NOW in みえにご参加の皆様へ、さようなら原発三重パレードより連帯のメッセージを送らせていただきます。

 皆様もご承知のように、ここにきて、安倍政権にいくつかの、大きな読み間違いと、判断の甘さが次々と露呈しています。それらを取り繕うべく、大慌ての修正に追われる姿がテレビに映し出されています。無様です。選挙を控え、何とか言い繕いたいとする姿を庶民は、国民は冷静に見ています。株価の乱高下で、投資されているという私たちの年金資金はいくら減ったのでしょう。沖縄の声を無視して強行されてきた沖縄辺野古の工事は一時中止、匿名の意見にはコメントしないと安倍首相が答弁するや、「私だ」と書いたお母さんたち、お父さんたちのプラカードで国会が取り巻かれ、初めてことの重大さを知るという鈍感さを見せつけた待機児童問題。

更に、フォーラム平和・三重様よりいただいた連帯のメッセージを朗読、集会アピールを採択した3.6さようなら原発三重パレードの3日後の3月9日、大津地裁による高浜原発3,4号機の運転差し止めの仮処分決定。再稼働を進めようとする電力会社や政権に、怒りの声をあげた26名の住民原告団を支持する圧倒的多数の、国民の声が裁判所に届いた瞬間でした。

 昨年秋、若いSEALDs の皆さんが、安保法制審議中の国会前で先頭に立ち、「民主主義って何だ」とリーダーがコールすると、「これだ!」と答える何万もの参加者の声が国会に響き渡りました。
 これが大きな節目であったと考えます。多くの国民の声を無視して、やりたい放題をしてきた安倍政権は、逆に、彼らが一番恐れてきた、一番そうならないようにと思ってきた、一人ひとりが声を上げること、一人ひとりが集まって大きな声とする方法を国民に気付かせ実行させる結果を生みました。それはもう止まりません。今や、誰でも人の前で発言し、仲間が集まり、もっと大きな声にと集会を開き、そのあとみんなで街をパレードしています。長い間私たちが忘れかけていた、一人ひとりが声を上げる、多くの国民の声で政治を変える、社会を変える、この当たり前ともいえる方法が日本中に拡散し、定着しました。

私たちは、「一日共闘」、たった一日の共同闘争ではありますが、日頃の生活や活動は違っても、さようなら原発というワンイシューで集まる市民、市民グループ、各種団体、労働団体、複数の政党からなり、大きな集会パレードを実施しております。WORLD PEACE NOW in みえにおかれてはより幅広いテーマで、幅広く取り組まれ実施されておられますことに敬意を表し、今後のご発展を期待し、連帯のメッセージとさせていただきます。

2016年3月19日

さようなら原発三重パレード実行委員会
      まとめ役  若原  暁
スポンサーサイト

まとめの会、4月10日(日)にお願いいたします。

本年のまとめの会、3月中は、皆さんお忙しいようで、
ひと月たった、4月10日(日)10:00から
アストで開くことといたしました。

今年の良かったところ、改良すべきことなどなど・・・。
実は、来年はさようなら原発三重パレードの
フルモデルチェンジの年かと考えており、
ポイントは、アンダー40、女性によるプランニング、
オーバー40が実働部隊として力を発揮、というプラン。

みなさまのところで、今年の反省などお話しいただき、
ご出席いただきますよう、よろしくお願いいたします。

本年まとめ役  若原

集会・パレードにたくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。

毎日、中日、朝日、の三紙に記事が掲載されました。
毎日
http://mainichi.jp/articles/20160307/ddl/k24/040/076000c
中日
http://news.goo.ne.jp/article/chuplus/region/chuplus-CK2016030702000014.html
朝日
http://www.asahi.com/articles/ASJ3644QBJ36ONFB001.html

 予報では3時頃から雨でしたが、パレード終了まで降ることはありませんでした。みなさまの日ごろの心がけが天に通じたものと感謝。また、トラブルもなく終えることができ、実行委員会もホッとしております。
 メイン会場にはいくつもテントが雨・風対策も万全に張られ、希望の牧場グッズ、美杉に避難・農場経営されている村上さんコーナーや避難されている方々を支援するコーナー、こいしろの里による焼き芋など食品・手作り品コーナー、チェル大テントでは書籍、衣類、小物など多彩な物品が販売されました。
 集会は、木村弁護士さんの司会で、オープニングのエイサー・合唱、ゲストでお迎えした弁護士の馬場さんは具体例をいくつも挙げて、黒田さんは電力会社と契約しない家に住んだ実感を語られ、SEALDs TOKAIの岡さんからは明るく新鮮切り口でアピールが、そして福島からの吉沢さんはベコトラ号の屋根から熱トーク。伊勢市長様、フォーラム様からのメッセージ紹介、十数名の方々による見事な1分間リレートーク。カンパ隊による希望の牧場支援会場カンパ総額は17万円にも。集会アピール採択、パレード諸注意、コール練習、と当初予定より少し長くなりましたが熱の入った集会となりました。
 パレードでは、横断幕を先頭に、ベコトラ号と吉沢さん、市民の皆さん、市民団体・グループの皆さん、各種団体の皆さん、労働団体の皆さん、政党関係の皆さんの順に、隊列を三つに分け、それぞれに宣伝カーとコール指導者を、道の狭いところではハンドマイク隊を配置し、交通整理隊もばっちりで、津の町に大きなコールの声が波打ちました。
 パレード解散場所のセンターパレス地下では、さようなら原発市民作品展を開催。絵画、書、俳句、陶芸、写真、工芸、イラストなど多くの方々による力作が展示されました。また、お休み処では温かいお茶とお菓子が、臨時特設コーナーではカミシバラー・ミキさんの紙芝居が生で楽しめました。
 写真、ビデオ、ネット動画も撮影スタッフにより記録されました。

 ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。
朝早くから準備作業に当られた方々、撤収作業に残られた方々、また各種スタッフの方々、ご努力に感謝いたします。
 年々、多彩で、熱を帯びて来ている、さようなら原発三重パレード。
近く本年のまとめの会を開き(日時未定)、良かった点、改めるべき点を明らかにし、
来年は、新しい実行委員会メンバーで、新しい企画で開催される予定です。
 どうぞご期待下さい。                        
                    本年度実行委員会から まとめ役 若原が記述しました。  




ポスティング終了。新聞に載らないな~

昨日、6名で市のパレードコース周辺にポスティングしました。
宣伝カーをユニオンさんからお借りし、音楽とお知らせを流しながら。
700枚ほど。

記者会見したのですが、載りませんね~。サミットの記事は載せればポイントがもらえるの?
と思うくらい紙面を占めるようになってきていますが。
熱心な記者の皆さんなのに、上の方に5月下旬まではそっとそっと、という要望みたいなものが
国や県から回っている?のかもしれません。

6日当日の天気は残念ながら雨。みなさん雨対策よろしく。ただ、雨になるとパレードの長さが
倍になります。これは楽しみです。

3日、午後三時リージョンプラザに集合、市内ポスティング

29日は津駅前のチラシ配りありがとうございました。

軽快な音楽と案内アナウンスCDをかけながら、
伊勢から坂本さんと頼もしき2名のお仲間、
共産の大獄さん、社民の佐藤さん、平和憲法の柴田さん、
緑の大西さん、チェルの村山さん、ユニオンの橋本さん、若原で
あの寒い中撒きましたよ。

終わって、駅で暖をとり、次は市内ポスティングの打ち合わせ。

3日午後3時にリージョンプラザに集合。
約1時間、市内ポスティングが決まりました。

集まれる方で結構ですので、よろしくお願いいたします。

3hi

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。